★拡散!統一原理  ツイート

logo

日本語

【前編】

第六章 予 定 論

 

 古今を通じて、 #予定説 に対する #神学的論争 は、 #信徒 たちの #信仰生活 の実践において、少なからぬ混乱を引き起こしてきたことは事実である。


それでは、どうしてこのような結果をもたらしたのかということを、我々は知らなければならない。

 

 #聖書 には、 #人生 の #栄枯盛衰 や、 #幸不幸 はもちろん、 #堕落人間 の #救い の在り方から、 #国家 の #興亡盛衰 に至るまで、すべてが #神の予定 によってなされると解釈できる #聖句 が多くある。


この例を挙げれば、 #ロマ書八章29節 以下に、「 #神 はあらかじめ知っておられる者たちを、更に #御子 のかたちに似たものとしようとして、あらかじめ定めて下さった。


それは、御子を多くの兄弟の中で #長子 とならせるためであった。


そして、あらかじめ #定めた者 たちを更に #召 し、 #召した者 たちを更に #義 とし、義とした者たちには、更に #栄光 を与えて下さったのである」とある。


また、 #ロマ書九章15節 以下には「『 #わたしは自分のあわれもうとする者をあわれみ、いつくしもうとする者を、いつくしむ 』。


ゆえに、それは #人間 の #意志 や #努力によるのではなく、ただ #神 のあわれみによるのである」と言われ、 #ロマ書九章21節 には、「 #陶器を造る者は、同じ土くれから、一つを尊い器に、他を卑しい器に造りあげる権能がないのであろうか 」と言われた。


それのみならず、 #ロマ書九章11節 以下に、 #神 は胎中にいるときから、 #ヤコブ を #愛 し、 #エサウ を憎んで、 #長子 である #エサウ は次子である #ヤコブ に仕えるであろうと言われた。

 

 このように、完全に #予定説 を立てることのできる #聖書的な根拠 が多くある。


しかし、我々は、このような #予定説 を否定する他の #聖書的な根拠 も多くあるということを忘れてはならない。


例を挙げれば、 #創世記二章17節 に、 #人間始祖 の #堕落 を防ぐために、「 #取って食べてはならない 」と #警告 されたのを見れば、人間の堕落は、どこまでも、神の  #予定 からもたらされたものではなく、 #人間 自身が、 # 神の命令 に従わなかった結果であるということは明らかである。


また、 #創世記六章6節 には、 #人間始祖 が #堕落 してしまったので、神は人間をつくったことを #悔 いて #嘆息 なさったという記録があるが、もしも、人間が #神の予定 によって #堕落 したとすれば、神御自身の #予定 どおりに #堕落 した人間を前にして、 #嘆 かれるはずはないのである。


また、 #ヨハネ福音書三章16節 に、 #イエス を信ずれば、だれでも #救い を受けると言われたが、このみ言は、すなわち、滅ぼされるように予定された人は一人もいないということを意味するのである。

 

 だれでもよく知っている聖句、 #マタイ福音書七章7節 に、「 #求めよ、そうすれば、与えられるであろう。捜せ、そうすれば、見いだすであろう。門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう 」と言われたみ言を見れば、すべてのことが #神の予定 のみによってなされるのではなく、 #人間の努力 によっても左右されるということが分かるのである。


もしすべてのみ旨の成就が、 #神の予定 によってのみなされるのであれば、何のために #人間の努力 を #強調 する必要があるであろうか。


#ヤコブ書五章14節 に、 #病んでいる者は祈ってもらうがよい というみ言があるのを見れば、 #病む ことも、また、 #治る ことも、やはり、みな #神の予定 のみによってなされるのではないということが分かる。


もし、すべてのことが、神の予定の中で、避けることのできない運命として決定されるのだとすれば、 #人間 は #苦労 して #祈祷 する必要もないであろう。

 

 従来の #予定説 をそのまま認めれば、 #祈祷 とか、 #伝道 とか、 #慈善行為 など #人間 のすべての努力は、 #神の復帰摂理 にとって何らの助けにもならないし、全く無意味なことといわなければなるまい。


なぜならば、 #絶対者 たる #神 が #予定 されたことであれば、それもやはり、 #絶対的 であるがゆえに、 #人間の努力 によっては、変更できないからである。

 

 このように、 #予定説 をめぐって #賛否両論 があり、そしてそのどちらも、自説の正しさを #裏付ける #聖書 の文字的な #根拠 が十分にあるのである。


それならば、このような問題が、 #原理 によっていかに解決できるのだろうか。 #予定論 に対する問題を、我々は次のように分けて考えてみることにしよう。