Tweet Yahoo!ブックマークに登録 しよう!
  1. 1.開発環境の構築
  2. 2.HelloWorld
  3. 3.Androidアプリの特徴
  4. 4.アクセス許可
  5. 5.インターフェイス

3_Android アプリケーションの特徴

Androidモバイル・プラットフォーム環境は、デスクトップPC環境と違っていろいろな制約がある。その内容を以下に要約した。
① 画面の大きさの制限。その制限に合わせたWindow表示。
② 画面表示において性能を向上させる為に、デスクトップのように画面上にたくさんのウインドーを表示する機能を使用しない。
③ 少ないメモリとバッテリーのゆえアプリケーションのライフサイクルが制限されたものとなる。
④ 電話機能を優先的に動作させる為に、アプリケーションのフレームワークの設計は工夫が必要だ。
⑤ Android は、マルチタスクをサポートしているが、それも制限されたものとなっている。
 このような様々な理由からこの章では、Androidアプリケーションの動作方式、そしてライフサイクルにおいて、Androidがアプリケーションをどのように処理し、管理しているかを確認していきたいと思う。


(A) Androidアプリのデジタル署名
(B) アプリケーションのSandbox化
(C) アプリケーションの核心構成要素
(D) アプリケーションの駆動方式とタスク
(E) LogCat(DDMS)
(F) Activityライフサイクル
(G) マルチプルActivity
(H) リスナー(Listener)
(I) インテントの基本
(J)明示的インテント
(K)黙示的インテント
(L)インテント6つの構成要素
(M)インテント・フィルター